◇◆ もうちょっとここで 暇つぶし。 ◆◇

Category : 日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • at --:--
カセットガスストーブ新しい暖房マシーンを入手した。

「カセットガスストーブ」写真の右側。カセットコンロの機能をストーブにしたような感じ。

写真の左側は、10年近く使ってきたセラミックファンヒーター。冬はこのヒーターの温風にあたりながらじっとしている。

セラミックファンヒーターは燃えてないから安心なのだが、難点は電気代だ。強で1200W、ドライヤーをずっとつけっぱなしにしているような感じだ。電気代を計算したところ、一日3~400円にも達するのではないかと思える。

新しいカセットガスストーブをつけてみたところ、思ったよりよい。風はでてこないので、上の方ばっかり暖かくなる感じだが、部屋の空気を温める力は、セラミックファンヒーター1200Wより強いような気がする。さすがに8畳くらいのワンルーム全体が温まるほどではないが、さすが火!ビバ火!

気になるのはランニングコストだ。
説明書によるとガス缶1本の持続時間は200分。ガス缶はAmazon最安で1本120円ほど。うーむ。やはり一日中部屋にいて使い続けると高い感じか・・。

そういえば、たまらなく寒い時は台所のガスコンロを火力最大でつけっぱなしにして、扇風機をまわすと部屋が温まるけど、そっちのが安くないかな?都市ガスだし?

まあいいか。カセットガスストーブは持ち運びも楽チンだし、たとえば友人宅におじゃまする時にもっていくなどよいかもしれない。
スポンサーサイト
めっきり寒くなり師走も近い休日の昼間、バイトを休んで友人の新居におじゃました。ピカピカの一戸建てのおうちで、大人6名、赤ちゃんを含めて子供4名の賑やかな昼食タイム。久しぶりに会う友人たちと、時の流れを感じつつ、懐かしい話に花を咲かせ、舌鼓を打った。

腹も満ち、子供たちにも慣れが見え始め、和やかな空気の中で大人の会話を交えつつデザートタイムが始まった頃、僕はなんとなく子供たちと適当にゲームとかして遊んでいた。

だんだん元気になってくる子供に合わせて、ふいに彼をグイッと持ち上げてグルッと回して置いてみたら、すごく喜んでキャッキャワイワイなったので、その勢いにつられて、逃げる彼らを引っぱり持ち上げてグルグルッを何回もやってゼーゼーハーハーもう疲れたおわりになった頃、

・・ん?なんか腰のあたりが痛ぇな・・

そんな違和感を覚え、友人宅をおいとましたのだった。

そして数日後のいつものバイト。筋肉痛みたいなのもなくなり忘れかけた頃、ちょっと遠くのものを取ろうと手を伸ばし前傾姿勢になった時だった。

「ピシッ」

背中の腰あたりの一点に激痛が走った。

っっ・・!!!!!

・・やっちまった。。そういえばこんなことが今まで数回あった。勝手に「ぎっくり腰」と呼んでいるこの現象。病院いってないので知らんけど、今回のは過去最大級の痛みかもしれない。

といっても痛みをこらえてかろうじてゆっくり歩くことはできるので、その日はなんとか最後まで働いた。痛いままこんなに動き続けたのも初めてだったかもしれない。

その日は帰宅してひたすら寝っ転がってじっとして、翌日もひたすら寝っ転がってじっとして、翌々日にはずいぶん回復し、一週間くらいでほとんど気にならなくなり、二週間も経てば姿勢に気をつけて重い物も普通に持てるようになった。長引かなくてよかったよかった。

それにしてもどこが弱いのか・・肉なのか骨なのか?気になる。
ずいぶん前に買った生サンマが冷凍庫に眠っていた。
久しぶりに見たら、なんと消費期限から9ヶ月くらい経っている。

切り口が黒ずんでいるが、だいじょうぶなのか・・。
濃い味によく煮て食べることにした。

塩・コショウ、醤油・砂糖・・ええい古い味噌も入れてしまえ。
玉ねぎとニラもいっしょにぶち込んでグツグツ。

できた。すでに匂いが微妙すぎる・・ぱくっ。

まずっっっ(|||__ __)/オエエエエエエエエ

これは・・久しぶりに食えないレベルのものを作ってしまった・・。
捨てようか・・でももったいない。

そうだ、鼻をつまめば味がなくなるんじゃ?
おお、たしかにこれなら食える。というわけで必死に食べた。

おなかは痛くならない。きっと栄養にはなるんだろう。。

魚の調理は難しい。

http://www.homemate-navi.com
前日からたまっている感はあった。
翌日バイト先でも我慢しつづけ、帰り道の
セブンイレブンでトイレを借りることにした。

とうとう出せると思ってからの便意は凄まじい。
素早く個室に入り、念願かなった安堵感はひとしおだ。

メリメリメリ・・・

ふぅ・・すごい量でたなぁ~。しばし感慨にひたる。
おなかもすっきり軽くなって喜んでいるようだ。

おっとしかしここは公共の厠、長居は無用だ。
おもむろに大のレバーを回す。
勢いよく水が流れ・・・

あれ?

ぎゃーっ!流れていかない!!!
溢れんばかりに濁った水が溜まっている。

しばらく眺めていると、わずかずつだが水位が下がっていく。
むう・・もういっかい流してみよう。レバーを回す。

ダメだ変わらない!

横に置いてあった便器掃除用ブラシを突っ込んでグリグリしてみる。
再びレバーを回す。

なんてこった水位が下がらなくなってしまった!!!
他に器具はないのか?あのキュポンキュポンするやつは?

ダメだ使えそうなものが見当たらない・・。

これは・・業者を呼ぶことになるかもしれない・・。
その場合の金はどうなるんだろう・・おれが払うのか・・?
放置して立ち去ってしまうか・・悪意が頭をよぎる。
次に使おうとした人がオエ~ッとなるだろう。

否、自分のケツは自分で拭くべきだ。正直者は救われる。
足早に店員のところに行き、「すいませんトイレがつまってしまったんですが・・」と伝える。

彼は現状を確認すると、すばやく「清掃中」の三角立てを設置、
どこからともなくあのキュポンキュポンするやつを持ってきた。

ほどなくして作業は終わり、清掃中は撤去された。
彼はなにも言わず、通常業務に戻ったようだ。
恐る恐る遠くから便器を見てみると、おおお!きれいになってる!!!
ありがとうセブンのおにいさん!

ガリガリ君の梨(62円)を購入して店を出る。
すっかり陽も沈んだようだ。気持ちのよい初夏の風が僕を包み込んだ。
いや~よかったよかった。ガリガリ君の梨っておいしいね。
akg01.jpg
akg02.jpg
akg03.jpg
akg04.jpg
akg06.jpg
wg01.jpg
wg02.jpg
数日前、赤城山に登ってきた。

山登りなど何年ぶりだろう。そんなアウトドア系グッズは何も持っていない僕に、友人がカッパとヘッドランプを貸してくれた。

フィアットなるちっこい赤いかわいらしい車でふもとの駐車場まで。

こちらの黒檜山・駒ケ岳コースを、逆向きに登って下りた。
http://www.maebashi-cvb.com/akagimap/02.htmlakgmap.jpg

登りは早々に息切れしてゼーゼーハーハー、足がパンパン、階段がたくさんあって疲れた。下りは足がプルプルだけど息切れしないし、階段もいっこもなくて岩場がアスレチックみたいで楽しかった。登りはハァハァ息切れするのに、下りはぜんぜんなのが不思議。

途中で昼ごはん食べたり休憩しながら、ぜんぶで4時間くらい。山中では人とすれ違うたびに「こんにちは~」って言うのね。登ってる人たくさんいた。クマに襲われることもなく、天候にも恵まれて頂上でも最初とおなじ格好のまま、日差しが暖かく汗ばむくらいだった。よかったよかった。

近くのスーパー銭湯みたいな温泉に入ってきれいサッパリ。太ももがキモチええ~(*´ω`*)=3 そのおかげだろうか、恐れたほど筋肉痛にはならなかった。一週間くらい太ももがピキピキかと思ったけど・・。

前橋の「ホワイト餃子」なる飲食店で晩ごはんを食べ、帰路についた。

電車代¥1,000
お車代¥1,000
飲食代¥1,000
お土産¥1,000
───────
総 額¥4,000

翌日うんこがやたら固くてびっくり。水分を失ってギュッと凝縮されている感じ。なるほど。
gp01.jpggp02.jpggp03.jpg
実家の畑で採れた植物の実が届いた。なんとこれがグリンピースという噂だ。皮を開いて中の豆だけ取り出すと、なるほど確かに。

少し前にサヤエンドウとスナック(スナップ)エンドウも届いて食べたけど、グリンピースってエンドウと同じ匂いがする。見た目もなんだかエンドウが成長して年食ったような感じ。ひょっとしてグリンピースってエンドウ豆とおなじ?違う種類なんだろうか。

まあいいか。

茹でて少し塩味をつけるだけでおいしい!茹で汁を飲んでも頭痛くならない!タケノコとは違う!すてき(゚∀゚)ウマウマ
出展 www.kyoyasai.co.jp
スーパーででっかい未加工タケノコが大量に売ってたので、つい買ってみた。レジのおばちゃんに「まず米ぬかと唐辛子で茹でてアク抜きしてから食べるんだよ」と教えてもらった。

が、そのまま1~2週間?冷蔵庫にしまっておいて、出してみたら根本の方が腐ってるような?黒く変色している。やばい調理せねば。黒いところを切り取って食べよう。

細かく刻み、まずアク抜きのため、米ぬかを溶かした水で茹でてみる。・・おおっ、沸騰とともに灰色っぽい泡がブクブクいっぱい出てきた。とりあえず泡だけすくって捨てる。

ん?次はどうすんだ?この湯は捨てるんだっけ?

・・ていうか、このまま食べちゃダメなの?

汁をすくって飲んでみたら、別にまずくない。大丈夫そうだ。
米ぬか入ってるけど、玄米の皮なので問題ないだろう。
よし、このまま食べてしまおう!

醤油と鰹節と昆布を投入して完成!
うむ、タケノコ煮の味がする。もぐもぐ。

と、食べていたのだが・・なんか、喉がイガイガする。さらに頭もちょっとジンジン痛みが・・。病気という程ではないが、なんだこれ?

アク抜きちゃんとしなかったからかな?とネット検索してみると、

・タケノコは採ってすぐ調理しないとエグ味が強くなる。
・エグ味を消すためにアク抜きする。
・アクやエグ味の成分は「シュウ酸」「ホモゲンチジン酸」という、あまり健康によろしくない物質。

ぎゃーっ!おれのいま食ってるタケノコ煮・・泡はすくったけど・・

いやあああタケノコこわい((((;゚Д゚))))ううう余計気分わるくなってきた・・
どうしようまだけっこう残ってる・・(´;ω;`)シクシク
タケノコ・・ホモ現地人さん・・
tmp.jpg実家の畑で採れた野菜をいろいろもらって順番に食べている。

つみ菜(菜の花の若葉やつぼみを摘んだやつ)をゴマ和えにしてみたところ、

やばいうまいwww

茹でて醤油と砂糖とゴマと混ぜただけ簡単www

子供の頃からよく食べてた気がするけど、そういえばお店で買ったことがない。あんまり見かけないような気がする。なんでだろ。

つみ菜ステキ(゚∀゚)ウマウマ
訪問販売昼寝してたら、ピンポーンと訪問販売のひとが来て起きた。

若くてきれい風なおねいさんが一人、「はんなりぃ」とかいう名前のハンドクリームみたいなのを売るために話しかけてくる。4,000円が2,500円くらいで安いとか、カタツムリがどうとか。

仏頂面で聞いてたら、時間の無駄と悟ったか、おねいさんは去っていった。

ほんとうに安かったのかな?ググッてみたところ、たしかに安かったようだ。しかしどんな商品なのか。怪しくはないのか。あのおねいさんは、いったい何がどうなって、このような訪問販売をしているのか?その背景には、どれだけの人間の、どんな欲望がうずまいているのか、気になる。

「Hannaly」というブランドは、「株式会社ニューポート」という、販売戦略ソリューションを手がける外資系企業?のオリジナルブランドのもよう。花王や資生堂のような化粧品メーカーとは違うっぽい。(http://www.newportjapan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=93%3Ahannaly-bb-cream-sales-exceed-10000pcs&catid=1%3Anews&Itemid=41&lang=ja

製造元(会社)は、「韓国」しかわからない。化粧品メーカーではなくマーケティングが得意な企業が、韓国の製造業者と提携してオリジナルブランドを展開している感じだろうか。

・・という、このブログ記事じたいも、この商品を宣伝していることになる。

そうか、それも狙いかもしれない。
訪問販売がきっかけで、こうして口コミを誘発する効果もある。
僕もまんまとこの商品の販売戦略に乗っかったのかな。

なんで俺が、どこぞの誰とも知らん馬の骨の金儲けに協力しなきゃならんのだ。
まあいいか。訪問販売は特にイヤな印象はなかったし。
昨年のカビ大発生事故。
それはかつて経験したことのない惨劇であった。
今でもその苦々しい記憶は鮮明によみがえる。

その過ちを二度と繰り返さないために、
今年の冬は窓サッシに結露した水をこまめに拭きとった。
さらに汚染地帯にはモノを置かず風通しをよくした。

その甲斐あってか、かつての汚染地帯でヤツの繁殖を見ることはなかった。
やった、今年は封じ込めに成功した。と思っていた。

今日、乾いた洗濯物をしまうため、タンスの引き出しを開けた時だ。

  うぐっ・・この異臭は・・まさか・・!

中のほうをよく見ると、カビだらけであった。
なんてこった・・まさかこいつが単独でやられるとは・・。

タンスは昨年、奴らに汚染された経歴がある。
背面がみごとにカビまみれになっており、軽く気を失いかけたものだ。
代替品もなかったし、水拭きしてそのまま使い続けていた。
汚染地帯から離れた位置に移動させておいたのだが・・。

泣く泣く中の服をぜんぶ出して、引き出しや本体を水拭きする。
昨年よりも服への汚染がひどい。洗わないと厳しいか・・ちきしょう(>_<)

よく見ると、衣類ではなく、タンスの木そのものにカビが繁殖しているように見える。
タンスの外側の、何も接してない、湿気もないところにも繁殖していた。

どういうことだ・・もはやこのタンス自体がダメなのか・・?
ひょっとして中になんも入ってなくても繁殖するのか・・?

水拭きしただけでは、またきっと繁殖してしまうだろう。
コーティングしていない材木の細かい隙間に入り込んだ
カビ粒子などとても取りきれない。

ヤツらを死滅させるような薬剤とかないのかな?
アルコール消毒とか有効なんだろうか?
ニスを自分で塗ればよかったりするのかな?

それとも、一度繁殖してしまったらもうダメなのか?安い木のタンスだしなぁ・・。
プラスチックの入れ物ならカビない気がするし、買い換えようかなぁ・・・
今日の遺言 from 北斗の拳

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

12  06  05  04  05  04  03  01  12  11  10  09  07  06  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03 

Ads by Google

プロフィール

しみた(つд`)

Author:しみた(つд`)
性別: 男
年齢: 36歳

働かずに生きていきたい。

管理者にメール

名前
メアド
件名
本文:

copyright © しみた(つд`) all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。