◇◆ もうちょっとここで 暇つぶし。 ◆◇

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • at --:--
寝袋そうそう僕はベッドも布団も持っておらず、
寝る体勢といえば、寒い時は床で寝袋、
寒くなければ床に雑魚寝だ。

自分ではこれが既に普通のことになっているが、
けっこう驚かれることもある。

なぜこんなことになったのか?

思い返せばもう10年以上昔、確か大学1年生。
先輩の部屋で一夜を過ごした時、「ハイ」と言って
渡された寝袋の、そのコンパクトさに衝撃を受け、
「すげえ!」と感心したのが始まりだ。

「小さいこと」「軽いこと」「寝れること」を極限まで
追求し、一切の無駄を省いたその姿、その洗練
された機能美に、僕は心を奪われた。
そうだ、普段からこれでいいんじゃないのか?
さっそくホームセンターで寝袋を購入して、使い始めたのだ。

最初は「下が固い」「狭くて自由に寝返りできない」ことに苦しさを感じ、
ちょっと体が痛くもなったりもした。しかしそれでも寝袋の魅力は色褪せない。

だってこんなに小さいんだよ。キャンプではこれで寝るんだよ。
ベッドや布団のなんと無駄にデカいことか。

下が固いのには、けっこうすぐ慣れた。
狭くて寝返りしづらいのも、気にならなくなった。
何事も続けていれば慣れてくるものだ。

その結果、寝てる間にあまり動かなくなった。
たまに「寝た時と起きた時の姿勢が、まったく一緒」ということもある。
”寝返りはした方がよい”という噂も聞くので、気にはなるが。

さらに、「寝袋は寝覚めが良い」。
まあ単に「眠りが浅くて熟睡できてない」ことの裏返しなのだろうが、
朝、眠い目をこすりながらムリヤリ起きる辛さが少ないのは嬉しい。

そうして寝袋に慣れくると、もう大丈夫。

・実はジュータンに雑魚寝でもあんまり変わらない。
・板の間(フローリング)に雑魚寝でも、なんとかいける。

そう、寒い時にだけ寝袋を使って、あとは適当な場所で雑魚寝でいいのだ。

こうして僕は自由を手に入れた。「寝る場所なんて実はどこでもいい」。
「ベッドか布団で寝るもの」という、知らぬ間に植えつけられた固定観念を
いま打ち破ったのだっ!(?)

ちなみに、たまにベッドや布団で寝る機会があると、あまりのフワフワさに感動する。
それくらいでちょうどいいだろう。

ただ、健康的な被害が本当にないのか?少々心配なところはある。
でももう10年以上もやってるし、大丈夫なのかな?
Comment






(編集・削除・トリップ用)

管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://smtz.blog10.fc2.com/tb.php/129-c8793fcf

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今日の遺言 from 北斗の拳

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

12  06  05  04  05  04  03  01  12  11  10  09  07  06  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03 

Ads by Google

プロフィール

しみた(つд`)

Author:しみた(つд`)
性別: 男
年齢: 36歳

働かずに生きていきたい。

管理者にメール

名前
メアド
件名
本文:

copyright © しみた(つд`) all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。