◇◆ もうちょっとここで 暇つぶし。 ◆◇

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • at --:--
gp01.jpggp02.jpggp03.jpg
実家の畑で採れた植物の実が届いた。なんとこれがグリンピースという噂だ。皮を開いて中の豆だけ取り出すと、なるほど確かに。

少し前にサヤエンドウとスナック(スナップ)エンドウも届いて食べたけど、グリンピースってエンドウと同じ匂いがする。見た目もなんだかエンドウが成長して年食ったような感じ。ひょっとしてグリンピースってエンドウ豆とおなじ?違う種類なんだろうか。

まあいいか。

茹でて少し塩味をつけるだけでおいしい!茹で汁を飲んでも頭痛くならない!タケノコとは違う!すてき(゚∀゚)ウマウマ
出展 www.kyoyasai.co.jp
スーパーででっかい未加工タケノコが大量に売ってたので、つい買ってみた。レジのおばちゃんに「まず米ぬかと唐辛子で茹でてアク抜きしてから食べるんだよ」と教えてもらった。

が、そのまま1~2週間?冷蔵庫にしまっておいて、出してみたら根本の方が腐ってるような?黒く変色している。やばい調理せねば。黒いところを切り取って食べよう。

細かく刻み、まずアク抜きのため、米ぬかを溶かした水で茹でてみる。・・おおっ、沸騰とともに灰色っぽい泡がブクブクいっぱい出てきた。とりあえず泡だけすくって捨てる。

ん?次はどうすんだ?この湯は捨てるんだっけ?

・・ていうか、このまま食べちゃダメなの?

汁をすくって飲んでみたら、別にまずくない。大丈夫そうだ。
米ぬか入ってるけど、玄米の皮なので問題ないだろう。
よし、このまま食べてしまおう!

醤油と鰹節と昆布を投入して完成!
うむ、タケノコ煮の味がする。もぐもぐ。

と、食べていたのだが・・なんか、喉がイガイガする。さらに頭もちょっとジンジン痛みが・・。病気という程ではないが、なんだこれ?

アク抜きちゃんとしなかったからかな?とネット検索してみると、

・タケノコは採ってすぐ調理しないとエグ味が強くなる。
・エグ味を消すためにアク抜きする。
・アクやエグ味の成分は「シュウ酸」「ホモゲンチジン酸」という、あまり健康によろしくない物質。

ぎゃーっ!おれのいま食ってるタケノコ煮・・泡はすくったけど・・

いやあああタケノコこわい((((;゚Д゚))))ううう余計気分わるくなってきた・・
どうしようまだけっこう残ってる・・(´;ω;`)シクシク
タケノコ・・ホモ現地人さん・・
tmp.jpg実家の畑で採れた野菜をいろいろもらって順番に食べている。

つみ菜(菜の花の若葉やつぼみを摘んだやつ)をゴマ和えにしてみたところ、

やばいうまいwww

茹でて醤油と砂糖とゴマと混ぜただけ簡単www

子供の頃からよく食べてた気がするけど、そういえばお店で買ったことがない。あんまり見かけないような気がする。なんでだろ。

つみ菜ステキ(゚∀゚)ウマウマ
訪問販売昼寝してたら、ピンポーンと訪問販売のひとが来て起きた。

若くてきれい風なおねいさんが一人、「はんなりぃ」とかいう名前のハンドクリームみたいなのを売るために話しかけてくる。4,000円が2,500円くらいで安いとか、カタツムリがどうとか。

仏頂面で聞いてたら、時間の無駄と悟ったか、おねいさんは去っていった。

ほんとうに安かったのかな?ググッてみたところ、たしかに安かったようだ。しかしどんな商品なのか。怪しくはないのか。あのおねいさんは、いったい何がどうなって、このような訪問販売をしているのか?その背景には、どれだけの人間の、どんな欲望がうずまいているのか、気になる。

「Hannaly」というブランドは、「株式会社ニューポート」という、販売戦略ソリューションを手がける外資系企業?のオリジナルブランドのもよう。花王や資生堂のような化粧品メーカーとは違うっぽい。(http://www.newportjapan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=93%3Ahannaly-bb-cream-sales-exceed-10000pcs&catid=1%3Anews&Itemid=41&lang=ja

製造元(会社)は、「韓国」しかわからない。化粧品メーカーではなくマーケティングが得意な企業が、韓国の製造業者と提携してオリジナルブランドを展開している感じだろうか。

・・という、このブログ記事じたいも、この商品を宣伝していることになる。

そうか、それも狙いかもしれない。
訪問販売がきっかけで、こうして口コミを誘発する効果もある。
僕もまんまとこの商品の販売戦略に乗っかったのかな。

なんで俺が、どこぞの誰とも知らん馬の骨の金儲けに協力しなきゃならんのだ。
まあいいか。訪問販売は特にイヤな印象はなかったし。
昨年のカビ大発生事故。
それはかつて経験したことのない惨劇であった。
今でもその苦々しい記憶は鮮明によみがえる。

その過ちを二度と繰り返さないために、
今年の冬は窓サッシに結露した水をこまめに拭きとった。
さらに汚染地帯にはモノを置かず風通しをよくした。

その甲斐あってか、かつての汚染地帯でヤツの繁殖を見ることはなかった。
やった、今年は封じ込めに成功した。と思っていた。

今日、乾いた洗濯物をしまうため、タンスの引き出しを開けた時だ。

  うぐっ・・この異臭は・・まさか・・!

中のほうをよく見ると、カビだらけであった。
なんてこった・・まさかこいつが単独でやられるとは・・。

タンスは昨年、奴らに汚染された経歴がある。
背面がみごとにカビまみれになっており、軽く気を失いかけたものだ。
代替品もなかったし、水拭きしてそのまま使い続けていた。
汚染地帯から離れた位置に移動させておいたのだが・・。

泣く泣く中の服をぜんぶ出して、引き出しや本体を水拭きする。
昨年よりも服への汚染がひどい。洗わないと厳しいか・・ちきしょう(>_<)

よく見ると、衣類ではなく、タンスの木そのものにカビが繁殖しているように見える。
タンスの外側の、何も接してない、湿気もないところにも繁殖していた。

どういうことだ・・もはやこのタンス自体がダメなのか・・?
ひょっとして中になんも入ってなくても繁殖するのか・・?

水拭きしただけでは、またきっと繁殖してしまうだろう。
コーティングしていない材木の細かい隙間に入り込んだ
カビ粒子などとても取りきれない。

ヤツらを死滅させるような薬剤とかないのかな?
アルコール消毒とか有効なんだろうか?
ニスを自分で塗ればよかったりするのかな?

それとも、一度繁殖してしまったらもうダメなのか?安い木のタンスだしなぁ・・。
プラスチックの入れ物ならカビない気がするし、買い換えようかなぁ・・・
今日の遺言 from 北斗の拳

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

12  06  05  04  05  04  03  01  12  11  10  09  07  06  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03 

Ads by Google

プロフィール

しみた(つд`)

Author:しみた(つд`)
性別: 男
年齢: 36歳

働かずに生きていきたい。

管理者にメール

名前
メアド
件名
本文:

copyright © しみた(つд`) all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。